白糸の滝

山梨県の滝・ドンドコ沢

白糸の滝(ドンドコ沢)白糸の滝(ドンドコ沢)

 鳳凰の滝から登山道に戻り更に先へ進み、登山道から少し外れた場所からこの滝を観ることができます。

 名前とは裏腹に非常に豪快に流れ落ちていて、末端は少し跳ねるような感じです。

 やや滝から離れていますが、十分滝の迫力を感じることができます。

【アクセス】

 中央自動車道韮崎IC⇒ 青木鉱泉⇒ ドンドコ沢登山道⇒(1.5〜2時間)⇒ 南精進ケ滝⇒(45分〜1時間以上)⇒ 鳳凰の滝

  ⇒(1時間〜??)⇒白糸の滝

 上記は参考タイムです(登山道状況は他の山登りサイト等を参考にされたほうが詳しいと思います)

 登山道入口から鳳凰の滝までも大変ですが、私の感想としては鳳凰の滝から白糸の滝の間が一番キツイです。

 山慣れた方であれば私ほどには感じないと思いますが、とにかく登りの連続で・・・。下山時にすれ違った方の様子から、やはり大変な印象を持ちました。というのも、普通は遊歩道(登山道)で出会った方に挨拶をすると、すぐに快い返事が戻ってくる事が多いのですが、まず一息ついてから返事が戻ってくるか、ややトーンが低い、若しくは「返事するような余裕などない!」とばかりに、ほとんど聞こえない人も・・・(笑)よって、やはり大変だと思います。

 余談ですが、鳳凰三山を縦走する気合いのある方の持ち物は、必要最低限に抑えていてるので何となくわかりますね。一泊組は色々詰め込んでいるのでしょう、中には物凄い大きなザックを背負っている人も・・・あれは大変だろうなぁ・・・。

 ちなみに私は登山がメインではないので、ザックに三脚、デジカメ、レンズ、雨具、ヘッドランプ、水筒、おにぎり8個に予備用あんパン2個、電池、その他諸々・・・。小物関係を含めそれなりの重量、食い込んできて肩が凝りました。

 さぁ、ここまできたら残すはドンドコ沢クライマックスの五色ケ滝です。白糸の滝からは序盤はキツイ傾斜が続きますが、徐々に緩やかになってきます。



より大きな地図で 山梨県の滝 を表示

鳳凰の滝(ドンドコ沢) ≪ 山梨県に戻る ≫ 五色滝(ドンドコ沢)