雄滝・日向沢の滝

小菅川】 山梨県の滝・小菅村

雄滝1 雄滝2 雄滝3

 男性のシンボル滝との前情報で、何となく期待感(笑)を胸に抱きつつ訪問した滝です。 似ているか否かについては、各々のご想像と御判断にお任せしますが、大変ご立派な物をお持ちではないでしょうか(笑)

 本題の滝ですが、シンボルを境に分岐、水量豊富で豪快、深い森に包まれ周囲の雰囲気を併せ神々しさを感じます。

 雄滝の隣ではないですが、同じ場所に日向沢の滝(→右画像)が流れ落ちているのも印象的でした。


【看板より】

 「雄滝」は昔、大きい滝の「大滝」または「魚留めの滝」とも呼ばれ、この滝より上流には魚がいないと言われていた。雄滝の上流には、大菩薩連峰の「石丸峠」があり、昔時甲州との交易場として多くの人々が行き交っていた。

 この峠には、石で造られた男性のシンボルが祭られ「石磨羅峠」と呼ばれていた。この峠から流れ出る水は、小菅川の本流となりこの雄滝に注いでいる。ここで初めて一筋の水が左右に分れる。また古来この滝は、男性のシンボルに似ている事から「雄滝」とも呼ばれ、神秘的な力があると言われている。

 滝のしぶきにかかると男性の精力増進に役立ち更に、子宝に恵まれない方が参拝すると御利益があると言われている。

日向沢の滝

【アクセス情報】

 滝見駐車場までの道のりは砂利道ではありますが、きちんと整備されていてデコボコもなく、四駆ではなくても大丈夫。
 ただし、車高が低い車は下を擦る可能性があります。 数台が問題なく停まれる駐車場があり、駐車場から滝まで約10分程度です

羽衣白糸の滝羽衣白糸の滝 ≪ 山梨県に戻る ≫ 白糸の滝白糸の滝