遊女の滝

 静岡県 小山町

遊女の滝

 落差は10m弱 中々の水量で良い感じ、 末広がりの流身が綺麗 で、思わず 美しい と口ずさんでいました。


遊女の滝

 規模としては小さいながらも滝前は非常に良い雰囲気、しばらく写真撮影など忘れて眺めてしまいました。


遊女の滝

 入口の立派な看板や説明板が設置されており、御気楽滝かと思いきや、最後は難易度アップ。
 遊歩道が整備されていますが、 沢に到着した途端に道が突如消えます
 増水等で消滅したのか、それともあえて自然のままにしているのでしょうか?

 登山靴では滑って転んで濡れそうだったので、用意していたスパイク長靴に履き替えて滝前に辿り着きました。



遊女の滝

【 現地案内板より 】  金太郎ゆかりの地 遊女の滝

 ある日 金時山の頂で寝ていた八重桐は夢の中で赤龍と結ばれました
 この時 八重桐のお腹に宿ったのが金太郎です

 八重桐は山をおりると この滝に身を打たせ産まれてくる金太郎の健康を祈願しました
 八重桐が滝に打たれている姿を見た里人は その後 この滝の名を遊女の滝と呼ぶようになりました

 

【 アクセス等 】

 ルートは二通り、 南側(県道365号線) 若しくは 北側(駿河小山駅・JR東海) から

ルート図


 私は 南側 からアプローチしました。
 理由は舗装されている (北側は未舗装、かつ荒れているらしい) からです。
 林道入口にはゲートがあり、事前情報ではゲートは開けられるとのことでしたが、なんと鍵が・・・。

林道ゲート

 林道・大沢線 の入口ゲート通過について、現在の可否は不明です。


 仕方なく舗装林道を 30分程度歩いて 遊歩道入口に到着、
 遊女ケ滝 の別名があるようです。

 遊歩道入口からは一気に下り、数分で沢に到着、そこからは自己判断で滝前へ。
遊女の滝 遊歩道入口



 車利用の場合、ゲートが開いていれば南ルートが良いと思いますが、
 ゲートが閉じていることを前提に 車利用 & 林道を徒歩 で訪問する場合は北と南のどちらのルートが良いかは微妙。
 南側からは直線距離は短いものの大回りな感じ、北側ルートは駐車できる場所が無さそうな感じです。


 電車利用の徒歩 であれば北側一択 になると思いますが、北側ルートの実地情報不足でスミマセン。
 訪問時の判断はお任せいたします。


 なお、南ルート(車利用で林道を徒歩で約30分)であれば
  県道365号線(金太郎富士見ライン)沿いの林道入口付近に、 路肩 もしくは 駐車スペース があります。



付近には別道路の入口(ゲートはありません)もあるので、お間違えなく。


【  併せて訪問したい 周辺の滝  】

縁結びの滝
縁結びの滝
頼光対面の滝
頼光対面の滝
銚子ケ渕
銚子ケ渕
古滝
古滝

静岡県 一覧に戻る