静岡県の滝・静岡市 【 日本の滝百選 】

安倍の大滝

安倍の大滝(日本の滝百選)

【看板より】

 安倍川最上流部、三河内川支流サカサ川にかかる滝で、安倍川水系では他に類のない見事な滝である。

 滝付近の地質は古第三紀の瀬戸川層郡に属する泥岩を主とする砂岩と泥岩の互層より成り立っている。垂直に切り立った岩の上から落下する水が飛沫となり、付近に飛び散る様は雄大な景観である。(静岡市)

 高さ、水量も豊富で豪快に落ちる姿は一見の価値はあります。 雄大な自然の中、迸り度が物凄い!観瀑台から見上げると大量の飛沫ですぐに濡れてしまい、写真を撮るのはちょっと大変。マイナス要素としては、観瀑台から滝が近すぎて少し見難い事と、範囲が狭いので滝を見る場所が限られてしまう・・・。離れて見ようと思っても岩肌に隠れてしまうのです。

 滝とは関係ないですが、滝を見に行く途中がちょっといいです。まず序盤からスリル満点の吊り橋が出迎えてくれます。この吊り橋ですが、簡易的なもので足場の板の幅が結構狭い上とっても揺れるのです。通常は上下に揺れる程度ですが、この吊り橋は更に横揺れが加わり左右に傾くのです。足場が狭い(道路の歩道の白線2本分プラスα)のでつい足下を見てしまいますが、その足下直下には川が流れていて私のような高所恐怖症気味にはかなりの迫力です。なんでもっと足下の板の幅を広くしないのかと思いますが、あれ以上広くすると左右の重量配分の差から吊り橋が片側に大きく傾くから、まぁすれ違い出来ないくらいの幅にしておかないとワイヤーが切れる可能性もあるでしょうが・・・下らない遊園地の乗り物にお金払って乗るよりもよっぽど絶叫できます(ちょっと大袈裟ですが)。更に先にも吊り橋があって楽しめますし、最後には素晴らしい滝が出迎えてくれるのですから言うことなしです。

 さて、帰りは同じ道を戻ることになるのですが、そうです、またあの吊り橋を渡らなければ・・・うぅぅ。とかいっても帰りは滝の感動を胸に、行きとは違って帰りは少し余裕をもって渡ることが出来ましたが・・・・って本当は結構怖かったけど(笑)とにかく素晴らしい滝とスリル満点の吊り橋と一度は足を運んでみる価値はあるのでは?なんとなく吊り橋の印象が強いですが

【アクセス等】

静岡駅からのびる県道27号線を梅が島温泉までひたすら北へ
終点の梅が島温泉街の先に無料?駐車場があります。
安倍の大滝の入り口には駐車場はありませんので、温泉街先の駐車場に止めて歩いて戻ってくるか、路上駐車
温泉街先の駐車場すぐそばに湯滝、更に少し先に三段の滝があります。


静岡県静岡市葵区梅ケ島

静岡県に戻る  滝百選に戻る
Copyright MUTYO(C), ALL Right Reserved.