龍門滝

【 日本の滝百選 】  鹿児島県の滝・姶良市

龍門滝龍門滝

 落差46m・幅43mで百選の名に恥じぬ規模、水量も適度で中々の見応え、幅があるため水の軌跡が豊富に存在し、趣深いです。

 更に特徴的な岩肌、全体を眺めていると感じませんが、望遠で迫ってみると龍を連想させる質感(映像参照)が見て取れます(実際に龍の肌を見たことはありませんが・・・)

 まずは少し離れた展望台から見下ろす位置て鑑賞、ただ、規模を把握てきるも滝の一部が隠れ気味・・・。
 そこで滝下へと足を運ぶも右岸側に立てば左側が見えず、左岸に立てば右側が隠れ「見えそうで見えない・・・」これがまた神秘的な微妙感を醸していました♪

 滝の流身が全て見える位置までは水に入らないと無理そうで、少し悩むも滑って転びそうな予感がしたので諦めました・・・(笑)

 滝は市街地から近く便利、また滝前は非常に開放的で清々しい♪
 周囲は整備されており誰もが装いに関係なく気軽に楽しめます。滝は駐車場所から数分です。

 なお、滝の案内板をみると滝上にも展望台があるようで、せっかくなので階段を含んだ遊歩道を歩いて登ってはみたものの、辿り着いた先には車道の存在・・・(泣) 皆様は車でサクッとどうぞ♪


【現地案内板より】

 その昔、中国の人が「漢土の龍門の瀑を見るがのごとし」と賞したことから、この名があると伝えられています。
 高さ46メートル幅43メートルで、岩肌に沿って滝つぼめがけて水が流れ落ちる姿は豪快で「日本の滝百選」にも選定されています。この滝から約800メートル上流にある坂井手の滝(金山橋の近く)までの一帯(広さ約22ヘクタール)は、「龍門滝の森」と名付けられ、県の森林浴の森「渓流コース」として指定を受けており、川のせせらぎと自然石の変化が素晴らしく、市民の憩いの場となっています。
 滝周辺には遊歩道や、展望所、国の指定文化財の「龍門司坂」もあります。

【 アクセス等 】

滝専用の駐車場があり、滝まで数分です。
滝前展望台にトイレ整備
滝は展望台、滝下、また滝口展望台からも鑑賞可能


滝口展望台


九州の滝 一覧に戻る  /  滝百選 一覧に戻る