岐阜県の滝・高山市朝日町

胡桃大滝

通信速度により、多少読み込みに時間がかかります
画像閲覧には Flash Player が必要です

映像


胡桃大滝の由来 (看板より)

 その昔、この地は千古不斧の秘境にも似た、うっそうとした原生林に囲まれた幽山渓谷であった。この滝のあたりには周囲20間余りの「くるみ」の大木が聳(そび)え、白蛇が住むと云われていた。ある日、一人のきこりがこの「くるみ」の大木を切り出そうと、斧を振り上げたとたん、一天にわかにかき曇り、ものすごい雨が落ちてきた。あたりはたちまち洪水となり、「くるみ」の大木は大地と共に白蛇となり、その場から消え失せた。今は、大木の跡が滝壺となり、その白い滝の様相は白蛇を思わせ、滝の音は「くるみ」の大木にあたる風音のように響き渡り、わずかに昔の名残を偲ばせている(林野庁)

感想

 落差は50m弱、水量が豊富なだけでなく、周囲の景観も迫力タップリ。ある程度立派な滝であると想像していたものの、それを遥かに超える規模で出迎えてくれました。
 正直、百選に選ばれてもおかしくない規模と雰囲気、素直に感動、見応えも十分です。

アクセス等

東側は国道361号線、西側は国道41号線 ⇒ 濁河峠方面 ⇒ 林道ゲート前に邪魔にならないように駐車
私は東側から訪問、ほとんど舗装されていましたが、一部砂利区間あり(車高を低くしていなければ問題ない程度)

林道(砂利道)歩きは30分弱(往路は下り、復路は上り)
林道途中に遊歩道入口看板があり、迷うことはないと思います
遊歩道入り口

遊歩道入り口から滝までは10分弱
(看板には5分と記載されていましたが、遊歩道は狭く滑りやすいので、気持ち長めに・・・)
滝は北側を向いており、時期にもよりますが、遊歩道&滝壺は早い段階でうす暗くなるので注意

マップ・所在地

↓ 地図にある「発」が駐車場所、青い部分が林道(徒歩)

 ※ 拡大縮小は「+」「−」、 移動はドラッグ(左クリックを押したまま上下左右)


岐阜県高山市朝日町胡桃島


 関東圏外に戻る ≫ 緋の滝緋の滝
Copyright MUTYO(C), ALL Right Reserved.